パーソナルツール
現在位置: ホーム 松浦グループ

松浦グループ


生命理学専攻超分子構造学研究グループおよび

附属構造生物学研究センターX線結晶学研究グループ


グループリーダー

松浦 能行(名古屋大学大学院理学研究科 准教授)
略歴:1972年9月 誕生(大阪府)、1995年 東京大学理学部物理学科卒、2000年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了 博士(理学)、2001-2005年 MRC Laboratory of Molecular Biology(英国ケンブリッジ) 博士研究員、2005-2007年 名古屋大学大学院理学研究科 助手、2007年-現在 名古屋大学大学院理学研究科 准教授
受賞歴:Max Perutz Prize(2005年)
所属学会:日本生化学会、日本癌学会、日本ウイルス学会、インフルエンザ研究者交流の会、The Protein Society(米国)

 

メンバー

宮脇 和也(名古屋大学理学部生命理学科 4年生)

鎌倉 大輔(名古屋大学理学部生命理学科 3年生)

 

現在の研究テーマ:「ヒトの疾患(がんなど)に関する構造生物学研究」

私たちはこれまでに、細胞内輸送の分子機構など、生命機能の基本メカニズムを解明する構造生物学研究に取り組んできました。たとえばCRM1という運び屋タンパク質が、核膜孔を通して核から細胞質へ、さまざまなタンパク質やRNAを運び出す仕組みを明らかにしました。これまでに取り組んできた細胞生物学と構造生物学の学際的基礎研究の経験に基づき、現在はヒトのさまざまな疾患(がんなど)の分子病態の解明および創薬への展開を目指した以下の3つのプロジェクトに研究が発展しています(今まさに創薬を見据えた基礎研究の一層の推進が必要とされており、これらの研究は「時代の要請」にかなうものでもあります)。
1)がんの発症と悪性化の分子機構の研究。発がんシグナル伝達経路の鍵分子の構造解析など、難治がんの治療戦略に新展開をもたらす創薬を指向した構造生物学研究に取り組んでいます。
2)免疫系の疾患に関わるシグナル伝達・遺伝子発現制御機構の研究。免疫系疾患の対症療法ではなく、根本的治療を可能にする創薬を指向した構造生物学研究に取り組んでいます。
3)神経系の疾患に関わるミトコンドリア動態制御機構の研究。神経変性疾患や神経発達障害の原因因子の作用機序を解明するための構造生物学研究に取り組んでいます。

 

研究業績

原著論文(*は責任著者)

  1. Kobayashi, J., *Matsuura, Y. Structure and dimerization of the catalytic domain of the protein phosphatase Cdc14p, a key regulator of mitotic exit in Saccharomyces cerevisiae. Protein Science, 26: 2105-2112 (2017).

  2. Koyama, M., Hirano, H., Shirai, N., *Matsuura, Y. Crystal structure of the Xpo1p nuclear export complex bound to the SxFG/PxFG repeats of the nucleoporin Nup42p. Genes Cells, 22: 861-875 (2017).

  3. Koyama, M., *Matsuura, Y. Crystal structure of importin-α3 bound to the nuclear localization signal of Ran-binding protein 3. Biochem Biophys Res Commun, 491: 609-613 (2017).

  4. Koyama, M., Sasaki, T., Sasaki, N., *Matsuura, Y. Crystal structure of human WBSCR16, an RCC1-like protein in mitochondria. Protein Science, 26: 1870-1877 (2017).

  5. Nakada, R., *Matsuura, Y. Crystal structure of importin-α bound to the nuclear localization signal of Epstein-Barr virus EBNA-LP protein. Protein Science, 26: 1231-1235 (2017).

  6. Nakada, R., Hirano, H., *Matsuura, Y. Structural basis for the regulation of nuclear import of Epstein-Barr virus nuclear antigen 1 (EBNA1) by phosphorylation of the nuclear localization signal. Biochem Biophys Res Commun, 484: 113-117 (2017).

  7. Hirano, H., Kobayashi, J., *Matsuura, Y. Structures of the karyopherins Kap121p and Kap60p bound to the nuclear pore targeting domain of the SUMO protease Ulp1p. J Mol Biol, 429: 249-260 (2017).

  8. Nakada, R., Hirano, H., *Matsuura, Y. Structure of importin-α bound to a non-classical nuclear localization signal of the influenza A virus nucleoprotein. Scientific Reports, 5: 15055 (2015).

  9. Kobayashi, J., Hirano, H., *Matsuura, Y. Crystal structure of the karyopherin Kap121p bound to the extreme C-terminus of the protein phosphatase Cdc14p. Biochem Biophys Res Commun, 463: 309-314 (2015).

  10. Koyama, M., Shirai, N., *Matsuura, Y. Structural insights into how Yrb2p accelerates the assembly of the Xpo1p nuclear export complex. Cell Reports, 9: 983-995 (2014).

  11. Kobayashi, J., *Matsuura, Y. Structural basis for cell-cycle-dependent nuclear import mediated by the karyopherin Kap121p. J Mol Biol, 425: 1852-68 (2013).

  12. Saito, N., *Matsuura, Y. A 2.1-Å-resolution crystal structure of unliganded CRM1 reveals the mechanism of autoinhibition. J Mol Biol, 425: 350-64 (2013).

  13. Pan, D., *Matsuura, Y. Structures of the pleckstrin homology domain of Saccharomyces cerevisiae Avo1 and its human orthologue Sin1, an essential subunit of TOR complex 2. Acta Crystallogr Sect F Struct Biol Cryst Commun, 68: 386-92 (2012).

  14. Hirano, H., *Matsuura, Y. Sensing actin dynamics: structural basis for G-actin-sensitive nuclear import of MAL. Biochem Biophys Res Commun, 414: 373-8 (2011).

  15. Koyama, M., *Matsuura, Y. An allosteric mechanism to displace nuclear export cargo from CRM1 and RanGTP by RanBP1. EMBO J, 29: 2002-13 (2010).

  16. Matsuura, Y., *Stewart, M. Nup50/Npap60 function in nuclear protein import complex disassembly and importin recycling. EMBO J, 24: 3681-9 (2005).

  17. Lee, S.J., Matsuura, Y., Liu, S.M., *Stewart, M. Structural basis for nuclear import complex dissociation by RanGTP. Nature, 435: 693-6 (2005).

  18. Matsuura, Y., *Stewart, M. Structural basis for the assembly of a nuclear export complex. Nature, 432: 872-7 (2004).

  19. Matsuura, Y., Lange, A., Harreman, M.T., Corbett, A.H., *Stewart, M. Structural basis for Nup2p function in cargo release and karyopherin recycling in nuclear import. EMBO J, 22: 5358-69 (2003).

  20. Saeki, K., Yasunaga, T., Matsuura, Y., *Wakabayashi, T. Role of residues 230 and 236 of actin in myosin-ATPase activation by actin-tropomyosin. Biochem Biophys Res Commun, 275: 428-433 (2000).

  21. Matsuura, Y., Stewart, M., Kawamoto, M., Kamiya, N., Saeki, K., Yasunaga, T., *Wakabayashi, T. Structural basis for the higher Ca2+-activation of the regulated actin-activated myosin ATPase observed with Dictyostelium/Tetrahymena actin chimeras. J Mol Biol, 296: 579-595 (2000).

  22. Matsuura, Y. Yoshimoto, Y., Saeki, K., *Wakabayashi, T. Methanol traps the troponin-tropomyosin-actin complex in an “off-state”. J Biochem, 118: 1293-1298 (1995)

総説(*は責任著者)

  1. *Matsuura, Y. Mechanistic insights from structural analyses of Ran GTPase-driven nuclear export of proteins and RNAs. J Mol Biol, 428: 2025-2039 (2016).

  2. 小山昌子、*松浦能行「CRM1核外輸送複合体の形成と解体の構造基盤の解明と創薬への応用」生化学 87: 41-48 (2015).

  3. Koyama, M., *Matsuura, Y. Mechanistic insights from recent structures of the CRM1 nuclear export complex and its disassembly intermediate. Biophysics, 8: 145-50 (2012).

  4. *松浦能行「核-細胞質間高分子輸送の構造生物学」生物物理 51: 208-213 (2011).

  5. 小山昌子、*松浦能行「CRM1による核外輸送機構の構造基盤」生化学 83: 834-838 (2011).

  6. *松浦能行「蛋白質核外輸送複合体のX線結晶構造解析」蛋白質 核酸 酵素 50: 420-426 (2005).

  7. *松浦能行「蛋白質複合体結晶構造が明らかにした蛋白質相互作用の多様性、巧妙性:核外輸送複合体の場合」生体の科学 56: 564-570 (2005).

  8. *松浦能行「核外輸送複合体の結晶構造」実験医学 23: 1110-1112 (2005).

  9. *Stewart, M., Baker, R.P., Bayliss, R., Clayton, L., Grant, R.P., Littlewood, T., Matsuura, Y. Molecular mechanism of translocation through nuclear pore complexes during nuclear protein import. FEBS Lett, 498: 145-149 (2001).

 

担当授業(2017年度

松浦は現在、以下の講義を担当しています。

  • 基礎遺伝学I(生命理学科2年生前期):ワトソン「遺伝子の分子生物学(第7版)」を教科書にした講義。松浦担当分(1章〜7章)では、分子生物学の基礎知識(タンパク質と核酸の構造と機能など)および分子生物学の実験技術について解説しています。

  • 生物物理学I(生命理学科2年生後期):松浦担当分では、生体高分子X線結晶解析の理論と実験技術について、結晶化から構造精密化まで、詳しく解説しています。また、構造生物学研究プロジェクトの具体例についても紹介しています。

  • 現代の生命科学(全学理系教養科目):生命現象を理解するための解析の方法論や具体的な解析例を紹介しています。学際領域として急速に進展している最先端の生命科学について、教養を深めていただくのがねらいです。

 

卒業生の進路

国内外の大学や研究機関、民間企業等(製薬系、化学系、IT系、など)。

社会に出た教え子は、多様な分野で活躍しています。

 

研究室所在地

〒464-8602 愛知県名古屋市千種区不老町

名古屋大学理学部G館2階および3階
(地下鉄名城線 名古屋大学駅下車 徒歩5分)


問い合わせ先

当研究室は理学部生命理学科の卒業研究生および理学研究科生命理学専攻博士前期課程・博士後期課程の大学院生を受け入れています。技術補佐員は不定期に公募を行います。学振PDなどの形で博士研究員(ポスドク)として当研究室に参加することもできます。当研究室で研究されたい方や、研究室訪問を希望する方、共同研究に興味がある方は、まずはメールでお問い合わせください。大学院の受験を希望する方は、必ず出願前に連絡をお願いします。
E-mail: matsuura.yoshiyuki[at]d.mbox.nagoya-u.ac.jp
(メール送信の際は[at]を@に置換してください。)

 

 



ドキュメントアクション