パーソナルツール
現在位置: ホーム 成田グループ

成田グループ

アクチンフィラメントは、細胞内で無数の重要な役割を果たしますが、その構造解析には、X線結晶解析やNMR法が使えません。

また、その直径は細く、ゆらぎも大きいため、電子顕微鏡法を用いても困難を伴います。そのため、アクチンフィラメントそのものやその制御メカニズムについては分かっていないことばかりです。

私たちは、電子顕微鏡と光学顕微鏡を通して、アクチンフィラメントのような繊維状タンパク質の動態と機能、および、制御タンパク質による制御メカニズムを探っています。

現在の主な研究内容

1: アクチンフィラメント構造解析: 成田哲博、田中康太郎、田中俊嗣、松崎瑞季。本研究は前田グループと理化学研究所播磨研究所小田俊郎博士のグループとの共同研究です。

project1

2: 電子線トモグラフィーによる細胞内アクチンフィラメント網解析: 成田哲博、田中康太郎。 本研究は名古屋大学臼倉治郎研究室、オーストリア科学アカデミーVictor Small研究室との共同研究です。

project2

3: アクチンをはじめとする細胞骨格や膜結合蛋白質が生体膜の形態やダイナミクスを決定する機構の解明:滝口金吾、滝口陽子、林真人。本研究は、神戸大学の伊藤俊樹博士、梅田民樹博士、三重大学の湊元幹太博士、豊橋技術科学大の手老龍吾博士、京都大学吉川研一研究室(現、同志社大)の多くの方々との共同研究です。

project3

4: バクテリアアクチンホモログ構造解析: 成田哲博、田中俊嗣。本研究はシンガポールA*STAR, Robert Robinson博士とDavid Popp博士との共同研究です。

project4

5: アクチンフィラメント動態モデル構築。

 project5
 

 

メンバー

  • 滝口 金吾(講師)
  • 林 真人(研究員)

大学院生
  • 秋月 将吾(M2)

  • 岩崎 匠平(M2)

  • 田中 駿介(M2)



OB・OG(一部)
  • 加島 紗瑛(H27年度 修士課程修了)

  • 神谷 優子(H26年度 学部卒業)

  • 田中 俊嗣(H25年度 修士課程修了)

  • 加藤 文香(H25年度 修士課程修了)

  • 伊藤 圭吾(H25年度 学部卒業)

 

主な業績

2013年4月以降の業績

成田 哲博 (2013). 電子線トモグラフィーによる細胞内アクチンフィラメント構造解析 顕微鏡 48, 78-83

Takahashi T., Nomura F., Yokoyama Y., Tanaka-Takiguchi Y., Homma M.,Takiguchi K.: "Multiple Membrane Interactions and Versatile Vesicle Deformations Elicited by Melittin" Toxins 2013, 5(4), 637-664 (2013)

Mueller, J, Pfanzelter, J, Winkler, C, Narita, A, Clainche, CL, Nemethova, M, Carlier, M, Maeda, Y, Welch, MD, Ohkawa, T, Schmeiser, C, Resch, GP, Small, JV (2014).   Electron Tomography and Simulation of Baculovirus Actin Comet Tails Support a Tethered Filament Model of Pathogen Propulsion, PLOS Biol., doi/10.1371/journal.pbio.1001765

Hiroshi Imai, Akihiro Narita, Yuichiro Maéda, Trina A. Schroer (2014), Dynactin 3D Structure: Implications for Assembly and Dynein Binding, J. Mol. Biol. 426(19), 3262-3271

Yoshiki Shigemitsu, Naoko Iwaya, Natsuko Goda, Mizuki Matsuzaki, Takeshi Tenno, Akihiro Narita, Minako Hoshi, Hidekazu Hiroaki (2016) Nuclear magnetic resonance evidence for the dimer formation of beta amyloid peptide 1-42 in 1,1,1,3,3,3-hexafluoro-2-propanol, Anal. Biochem., 498, 59

#Shimin Jiang, #Akihiro Narita, #David Popp, #Umesh Ghoshdastider, Lin Jie Lee, Ramanujam Srinivasan, Mohan K. Balasubramanian, Toshiro Oda, Fujiet Koh, Mårten Larsson, Robert C. Robinson (2016), A novel plasmid-segregating actin from Bacillus thuringiensis forms dynamic antiparallel filaments and tubules, PNAS 113: E1200-1205  (#: Equally contributing authors)

A. Narita, E. Usukura, A. Yagi, K. Tateyama, S. Akizuki, M. Kikumoto et al. (2016). Direct observation of the actin filament by tip-scan atomic force microscopy. Microscopy (Oxf) 65, 370.

E. Usukura, A. Narita, A. Yagi, S. Ito, J. Usukura. (2016). An Unroofing Method to Observe the Cytoskeleton Directly at Molecular Resolution Using Atomic Force Microscopy. Scientific reports 6, 27472.  All authors contributed equally to this work

Masaki Makihara, Takashi Watanabe, Eiji Usukura, Kozo Kaibuchi, Akihiro Narita, Nobuo Tanaka and Jiro Usukura (2016), A new approach for the direct visualization of the membrane cytoskeleton in cryo-electron microscopy: a comparative study with freeze-etching electron microscopy. Microscopy Accepted 

 

連絡先

研究室: 高等総合研究館4F 413

連絡先: narita.akihiro f.mbox.nagoya-u.ac.jp  (akihiroとfの間に@をいれてください)  内線6473

ドキュメントアクション