パーソナルツール
現在位置: ホーム

名古屋大学構造生物学研究センターホームページ

 

  • ニュース

    2015/3/15 ホームページのアドレスが変わりました。

    新しい構造生物学研究センターのホームページはこちらです。

 

    過去のできごとはこちら

 

構造生物学研究センターの概要について説明しています。

 概念図2013.gif

 

様々な構造解析手法を用いて、アクチンフィラメントの動態とその制御メカニズムの研究をしています。

立体整列同位体標識法 (Stereo-Array Isotope Labeling method : SAIL法)を用いて、次世代の蛋白質構造解析技術、及び蛋白質の動態解析技術を開発し、構造と生体機能との相関を解明することを目指しています。

松浦グループは生命理学分子第三講座を兼務しています。

タンパク質ドメインを標的としたin silico/NMRハイブリッド創薬の研究と、立体構造制御核酸を用いた核酸医薬の開発を今後行っていきます。 

構造生物学研究センター構成員が名古屋大学で講義したときに用いた資料の一部を公開しています。

ドキュメントアクション