理学研究科 構造生物学研究センター

臼倉機器開発プロジェクト
ホーム
スタッフ
イベント
電子顕微鏡技術
論文
アクセス
リンク
研究室の目的
Mesoscaleで見て考える多様な生命現象 - 生命マシナリーの解明、法則の発見を目指す。
細胞内の様々な機能を形態的側面から解析することを目的とする。細胞の形から細胞内要素であるオルガネラからタンパク質に至る高分解能空間構造が興味の対象である。このため、クライオ電子顕微鏡、免疫フリーズエッチングレプリカ、トモグラフィーなど新世代顕微鏡技術を駆使して観察している。最近は細胞周期に伴う膜裏打ち構造(膜細胞骨格)の変化、endocytosis、運動など膜機能との関係について研究している。
お知らせ

著書:よくわかる生物電子顕微鏡技術
プロトコル・ノウハウ・原理(共立出版)
著書:よくわかる生物電子顕微鏡技術